音楽をメインに映画や本なども語ります 同じものを好きな人に出会うと嬉しいですよね
その他のブログ紹介♪

こちらではいろいろ日常の事など書いてます。 あめ、ときどき はれ
音楽サイトバークスのマイページです。動画や試聴を紹介してます。 マイページへ♪
お気軽にコメントなど下さい。大歓迎です♪
  最近【mixi (ミクシィ)】を始めました。
やってる方や興味ある方いらしたら、ゼヒ声をかけて下さい♪

mixiの方で音楽のコミュ【ジャンルレス】というのをやってます。
音楽好きで興味がある方は是非、参加下さい♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Radiohead Tribute 【-Master’s Collection- FOR-SIDE NEXT】
20061213105241.jpg


01 Black Star/つばき
02 Just/I-lulu
03 Fake Plastic Trees/THE LOCAL ART
04 Let Down/sacra
05 Everything In Its Right Place/LITE
06 Karma Police/audio active
07 IDIOTEQUE/佐藤タイジ
08 Creep/LUNKHEAD
09 HIGH AND DRY/音速ライン
10 No Surprises/TRICERATOPS
11 The National Anthem/SUGIURUMN

って事なのですが、
基本的にカバーアルバムって相当難しいと思うんです。
ただのカラオケになっちゃまずいだろうし
アレンジしすぎても何のこっちゃになったら駄目だろうし。

不安感いっぱいで試聴してみました。
個人的感想は、・・・って感じですね。
やっぱりというか。

まぁ良いかなってのもありましたよ。
でもたいがいは寒かったですね。
これがオリジナルなら聞けるんだろうけど。

あくまでも個人的思い入れって事でご容赦下さい(笑)
試聴はバークスの方で全曲ちょっとずつ出来ます。

ここをクリックでバークスへ

こちらはtherethereのアコースティックバージョン!


こちらでもイロイロな音楽を紹介してます♪

人気blogランキングへ
ブログランキング
人気ブログランキング


スポンサーサイト
20061110132111.jpg
スピッティングフェザーズ

軒並み評価の高かったこの企画CD
レディオヘッドのヴォーカル、トムヨークのソロアルバムのB面集。
クォリティも高く、アルバムに入ってもおかしくない程の出来。
そう聞いていた。

個人的に聞いた感想は



かっこいい!




相変わらずの変則ビートに鬱々とした感じ
歌詞は関係なく感じた曲の印象を書いてみます。

一曲目のThe Drunkk Machineからぶっ飛んでいる。
一気に持っていかれてしまった。
ワープゾーンですね、このアルバムへの。

続いて二曲目のA Rat's Nestは何かを予感させる曲調。
良い意味で停滞感のある感じ。完全に曇り空だな。

三曲目はJet Stream 。何かがやって来る。停滞を乗り越えて。
迫ってくる迫ってくる。徐々に徐々に。

2.3で流れがあるところから景色が変わった。
四曲目はHarrowdown Hill - extended mix
そこまで原曲から逸脱している訳でもなくちょっと浮いて聞こえた。

そしてまたまたぶっ飛んだ世界。狂騒、幻覚
ラストを飾るIluvya
騒がしいリズムでBトラックは不穏に。
なんともシュールな締め方だな、という感じ。

このアルバムが優秀なのは間違い無く、好きな感じだった。
世評で一つ疑問に思ったのは
The Eraserに入ってもおかしくないのでは?という点。
僕にはこれらの曲がアルバムに合うとは思えなかった。

もしも入っていたとしたら、最初のThe Eraserの神々しさ、そして
ラストのCymbal Rushがあそこまで感動的になったかは疑問だ。


人気blogランキングへ
ブログランキング

RADIO HEADに関しては前も触れていたのですが、
やはり一発目なのでしょうがなし!(笑)

始めに出会ったのはもう、オーケーコンピューターが出る前。
遅かったですが、この頃はまだ邦楽ばかりの頃でしたね。
そして出会った曲は

【PARANOID ANDROID】です。

okcomputer.gif


まだそんなに幅広く聞いてない当時の僕には衝撃的でした。
とはいえ、衝撃が走ると言うよりはジワジワ浸透する感じ。
時間はかかりましたけど、気づいたらドップリってやつです。

今回一発目なのでまだいきます!

【気になる新譜】

関連物として。

トムヨークの新譜です。
20061110132111.jpg
スピッティングフェザーズ

とは言え、今回のソロに関した今までのシングルB面や
アナログの音源らしいです。
おまけのクリップも入ってます。 【harrow down hill】
その割にはかなり評価が良く、ただのB面集だと思うには
勿体無いほどの出来らしいですね。楽しみです。
音楽の話です。

最近radio headのヴォーカルthom yorke(トム・ヨーク)の発言で
今まで書いた曲の中で一曲を残すとしたら

『ハウ・トゥー・ディスアピアー・コンプリートリーだ。』
と答えたそうです。



おおっ!!!




僕もこの曲大好きなんですよね!
ものすごく美しい曲にも拘らず、
原曲の突然ベースのリズムがずれていくのがたまらない。
初めは大混乱でしたね。

それはさておき、やはりこの曲の空気感ですね。
このたんたんとした進行、
まるで幽玄の空を飛んでいるような感覚。
アルバムの【KID A】全体を通してそうですが
自分の何かに鋭利にささってくるんです。もしくは包み込まれる。

言わば覚醒の音楽です。

聞いた事の無い方は是非一度お試しを。
でも初心者の方には【THE BENDS】【OK COMPUTER】が良いのかなぁ?



kida
2000年9/27発売
1.EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE
2.KID A
3.THE NATIONAL AVTHEM
4.HOW TO DISAPPEAR COMPLETELY
5.TREEFINGERS
6.OPTIMISTIC
7.IN LIMBO
8.IDIOTEQUE
9.MORNING BELL
10.MOTION PICTURE SOUNDTRACK


さぁ、聞いた事の無いそこのあなた!
            未知の世界に行ってらっしゃーい♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。