音楽をメインに映画や本なども語ります 同じものを好きな人に出会うと嬉しいですよね
その他のブログ紹介♪

こちらではいろいろ日常の事など書いてます。 あめ、ときどき はれ
音楽サイトバークスのマイページです。動画や試聴を紹介してます。 マイページへ♪
お気軽にコメントなど下さい。大歓迎です♪
  最近【mixi (ミクシィ)】を始めました。
やってる方や興味ある方いらしたら、ゼヒ声をかけて下さい♪

mixiの方で音楽のコミュ【ジャンルレス】というのをやってます。
音楽好きで興味がある方は是非、参加下さい♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061110132111.jpg
スピッティングフェザーズ

軒並み評価の高かったこの企画CD
レディオヘッドのヴォーカル、トムヨークのソロアルバムのB面集。
クォリティも高く、アルバムに入ってもおかしくない程の出来。
そう聞いていた。

個人的に聞いた感想は



かっこいい!




相変わらずの変則ビートに鬱々とした感じ
歌詞は関係なく感じた曲の印象を書いてみます。

一曲目のThe Drunkk Machineからぶっ飛んでいる。
一気に持っていかれてしまった。
ワープゾーンですね、このアルバムへの。

続いて二曲目のA Rat's Nestは何かを予感させる曲調。
良い意味で停滞感のある感じ。完全に曇り空だな。

三曲目はJet Stream 。何かがやって来る。停滞を乗り越えて。
迫ってくる迫ってくる。徐々に徐々に。

2.3で流れがあるところから景色が変わった。
四曲目はHarrowdown Hill - extended mix
そこまで原曲から逸脱している訳でもなくちょっと浮いて聞こえた。

そしてまたまたぶっ飛んだ世界。狂騒、幻覚
ラストを飾るIluvya
騒がしいリズムでBトラックは不穏に。
なんともシュールな締め方だな、という感じ。

このアルバムが優秀なのは間違い無く、好きな感じだった。
世評で一つ疑問に思ったのは
The Eraserに入ってもおかしくないのでは?という点。
僕にはこれらの曲がアルバムに合うとは思えなかった。

もしも入っていたとしたら、最初のThe Eraserの神々しさ、そして
ラストのCymbal Rushがあそこまで感動的になったかは疑問だ。


人気blogランキングへ
ブログランキング

スポンサーサイト
ギターウルフがDJ BAKUとのスプリットシングル“ウルトラクロスVOL.3”を12月27日に発売

いやぁ、ビックリです!この二つのスプリット。

実は【DJ BAKU】についての記事を書いているんですが
見事、書きたい文章そのままを行動で表してくれてます。
素晴らしいです。

共通の音と言えば爆音って事?
自分のカテゴリーに納まる事無く外に出ていますね。
両方ともに、魂で音楽をやってますよ。
見た目やジャンルでやってないのが良く分かります。
あんまり書くと次の【DJ BAKU】特集が書けなくなっちゃうので、ここらで終了(笑)

もう一つのブログあめ、ときどき はれとリンクして
同日に同テーマでアップしたいと思います。

そしてここからは、タワレコのニュースからの引用です。
太字の部分です。

*タワーレコードホームページからの引用開始2006-11-27 掲載
 史上最強のロックンローラー、ギターウルフがコアな爆音アーティストとガチンコ勝負する〈タイマンスプリットシングル〉三部作。その最終対決となる“ウルトラクロスVOL.3”が12月27日に発売される。VOL.1のライトニング・ボルト、VOL.2のSTRUGGLE FOR PRIDEに続く今回のお相手は、新世代のヒップホップをリードするターンテーブリストDJ BAKU。ギターウルフは、新ベースウルフUGのテーマ曲“池袋タイガー”と、痛快パンク・ナンバー“高校生アクション”をぶちかまし、対するDJ BAKUは、かねてから親交のあった名古屋のグラインド・コア・バンドBLACK GANIONのヴォーカリストYOHEIをフィーチャーし、緊迫感のあるサウンドを炸裂させる。シングルながらお腹いっぱいの濃~い内容に圧倒されること必至。なお、初回盤のみ片面穴あき紙ジャケット仕様となっているので、欲しい方はお早めに。  

との事。これは買いだね♪


FC2 Blog Ranking

ブログランキング
お得なポイント貯まる!ECナビ
●Mew 【AND THE GLASS HANDED KITES】
20061123195854.jpg
ジャケットはビョークも手がけた人。


ファーストから気になるものの、個人的に70点って感じで
手を出さなかったんですけど手に入れちゃいました。

何か平均点は良いけど、突き抜けた感じが足りない・・・
なんか、優等生の悩みって感じですかね?
平均75点なのに80点が取れない感じ(笑)

ちなみにこれがファーストの曲。これはお薦め。


で、続きです。
そう思ってましたが、まぁじっくり聴いてみようと。

今回のアルバム、世評ではプログレ的な要素を含み
音も、よりアグレッシブになっている。って感じだったかな。
レディオヘッドから、シガーロス、フレイミング・リップスといった
アーティストが好きな人に是非聴いてもらいたいし、
さらにはJimmy Eat World好きにもお薦めとの事。

個人的には始めから、すんなり聴けて飽きにくい感じで感触有り。

所々、前紹介したdownyを思わせる曲調もあって良かったです。
特に3.4枚目の『無題』の雰囲気。いつか紹介しますけど。
downyが、かなり爽やかになった感じかな。声質も似ていると思います。

後、印象に残ったのがボーナストラックの
日本語の曲。何故?って感じだけど、結構お上手でしたね。

思うんですがボーナストラックってあまり要らないと思うんです。
今、パソコンの普及と共に単品で曲を手に入れたりする時代に
アルバムの価値ってジャケットのデザインや
曲のトータルの世界観だと思うんです(DJなどを除き)。

そういう場合にボーナストラックって邪魔に感じる時があります。
もちろんそれなら輸入版買えよ!って話ですが、
アーティストによっては歌詞も欲しいし・・・。
後で企画版としてまとめて出してもらった方が嬉しいんですけどね。

そういう場合はパソコンで焼いて、ボーナストラックを外すんです。
そしてオリジナルCDを聴かない(笑)

なんか微妙な感じだな。


人気blogランキングへ
ブログランキング

●椎名林檎×SOIL&"PIMP"SESSIONS
【カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)】
20061123193459.jpg


このコンビは素晴らしいです。
テレビで見て以来SOILのライブに行きたくてタマリマセン。
DEATH JAZZって・・・。それだけで最高でしょ?(笑)
かっこいいっす!


FC2 Blog Ranking

ブログランキング
お得なポイント貯まる!ECナビ
本日買いたてホヤホヤ!

今回、手に入れたCDを軽く紹介します。
買ったばかりなので、
もうちょっと聞き込んでから改めて一つずつ詳しく紹介します♪

そこそこなやつは早いかも(笑)

●THOM YORKE  【SPITTING FEATHERS】
 そりゃ、買うでしょ!(笑)
●CASSIE    【CASSIE】
 ラジオで聞いて思わず!
●DEFTONES   【SATURDAY NIGHT WRIST】
 これも買うでしょ!
●DJ BAKU    【KAIKOO】
 欲しかった!これはオススメ♪


今回買いたいのが多すぎて辛かった・・・。
探しても無かったのもあったし。
ちょっと間が空くと欲しいのが増えすぎて困る(笑)
061126_2202~002.jpg
文字が少ないので穴埋め♪
なってないか・・・貰ったおまけシール♪

このアルバムの感想などあったら是非コメントでも♪

人気blogランキングへ
ブログランキング

見てきました。 【ソウ3】



こちら予告編です。


1で衝撃を受けて以来、サスペンスランキングで
ずっと一位だったこの作品。
結論から言うと、個人的なおもしろさでは1>3>2かな。

こういう作品の良し悪しを決める要素の一つに、
最後のオチが出だした時に全てが氷解するというか
フラッシュバックが起きるような現象に陥る。

ちなみにソウでは、その状態を映像で見せるという
手法を使っているのではないかと思う。
まぁ、サスペンスの常套手段だが。

その現象が起き出した時のインパクトが
この映画ではダントツで
それまでの一位の映画【シックスセンス】を抜いて行った。

これから先は内容に少し触れるので続きでどうぞ。
ネタには一応、触れないで書こうとは思ってます。

FC2 Blog Ranking

ブログランキング
お得なポイント貯まる!ECナビ
[映画  【SAW3】 ソウ3]の続きを読む
この人のジャンルは何て言えばいいのだろうか。
良い音楽はたくさん有ると思うが
これだけ飛び出ている人はそうはいないだろう。

異質でいながら受け入れられる幅が広いというのは
実に稀有な事であって、まさに孤高の存在である。
ここをクリックで公式サイトへ

僕が出会った曲はブレイクしたアルバム、
【ホモジェニック】に入っている
【ALL IS FULL OF LOVE】である。
20061124164839.jpg
ホモジェニック

とは言ってもこのアルバムのバージョンではなく、
下記のベストに入っているバージョン。
20061124164848.jpg
グレイテストヒッツ

スカパーでPVを見た僕はすぐにホモジェニックを買いに行った。
そして聞くとバージョンが違う!そのときは本当にがっかり。

だから、このベストを聴いた時は思わずガッツポーズ!
PVもかなり素晴らしい出来だと思います。

もちろんその他のアルバムもお薦めなので今度また記事にしたい。

人気blogランキングへ
ブログランキング
●STRAIGHTENER 【BERSERKER TUNE】
20061122144445.jpg

これはチューンシリーズという事!?
前回のKILLER-もでしたが、かっこいいっす!
最近の僕にはちょっとストレートすぎて、
あまり聞き込まず、でもアルバムはちょっとだけ・・・
ぐらいの感じでしたが、これは文句無し!大好きです。
しかもPVの風で動く人形が気味が悪いっす!
何かが溜まっていくのか分からないが
突然の異質。亜種のような曲。
本人もインタビューの際に
アルバムの前にちょっと・・・みたいな感じだった。
こういう方向性を個人的にはもっと責めて欲しい!!

FC2 Blog Ranking

ブログランキング


●RADIO4 【パッキング・シングス・アップ・オン・ザ・シーン】
RADIO4.jpg
このアルバムの2曲目が上記のタイトル。
クリックで試聴♪でも短いのでピアノが聴けず・・・

アルバム名は冒頭の曲でタイトルでもある
  【エネミーズ・ライク・ディス】
音の感想は良い意味での古臭い感じで
時折すがたを見せるピアノが実に効果的。
前のアルバムを聞いたときはそれ程でもなかったが、今回は
買おうかどうか迷っている。

人気blogランキングへ
ブログランキング

●AFRA&INCREDIBLE BEATBOX BAND 【LIVE AT SONAR】

20061116192030.gif
DVD TITLE:"WORLD TOUR -BEAT BOX TU-"

流石に三人で重ねると圧巻というかかっこいいっすね。

こちらが今年出たアルバムです。
20061116192050.jpg
I.B.B.-except THEME OF I.B.B.(30 MINUTES) feat.SHINCO-
個人的にはFeat.卓球が好きですね。
どうしたってあがっちゃいますよ、この曲は。
マイクを通して完全に楽器になってます。

今のテクノロジーがあるからこそ、完全に楽器になってますね。
シンプルに生のままもかっこいいとは思いますが
何かを通すことで数段かっこよくなっている気がします。

FC2 Blog Ranking

ブログランキング
●DEFTONES 【SATURDAY NIGHT WRIST】発売中
DEFTONES.jpg
公式サイト視聴コーナーへ

へヴィロック旋風の中、流行に飲まれることも無く
揺らがずマイペースで活動し続け、今回5枚目の作品。
いやぁー、クリップのコーナーでも紹介するつもりですが、
またまたパワーアップのチノ君。
相変わらずの世界観を保ちつつ、より深く、へヴィになっております。

他にはKORN、LIMP BIZKIT、SLIPKNOTなどが代表格でしょうか。
一応リンキンパークも入るのかな?
現時点で存在感を証明できるバンドは大分減りましたね。
他にも好きなバンドは数え切れず(笑)
いつかへヴィロック特集もやろっかな?
個人的には90年中期ぐらいが全盛だったような気がします。
映画『ナチョリブレ』を見てきました。
nacho.jpg

クリックで公式サイトへ!ビックリしないで下さいね(笑)


今回の批評は短いですよ(笑)

だって・・・だから(笑)
今回は最近出来た2ヶ所目のシネコンデビュー
音は良かったですが座り心地がイマイチ。

そして何故か映画が終わって出てきたら
出口が封鎖されている!

男三人だったからってこれは酷い仕打ちだ!
(一人は見知らぬおっちゃん)

しかも封鎖された綱をよっこら越えてるところを
店員は黙って見ている!

ま、良いですけどね・・・。
スカートじゃないんでね・・・(若干スネ)

そんな訳で、感想へw
ネタばれだとイケナイので大丈夫な方は続きへ♪
[映画 【ナチョリブレ】]の続きを読む
このコーナーはスカパーから
お気に入りとして私のHDD入りとなった曲を紹介しています。


●ARCHIE BRONSON OUTFIT 【CHRRY LIPS】

20061116142521.jpg


ここをクリックでアルバム試聴が出来ます


試聴した感じとアルバムの売り文句もでしたが、
ガレージな感じですね。サイケガレージって書いてました。
ただ、この曲に限ってはソニックユースっぽいなって感じです。

●THE BIRTH DAY 【MEXICO EAGLE MUSTARD (8.3LIVE Ver.)】
20061114185640.jpg

こちらで、アルバムの視聴&クリップ見れます!ここをクリック

ロックンロール!以上!もう生き方そのものですな。

ブログランキング

●THE BLUE VAN 【REVELATION OF LOVE】
20061114185626.jpg

タワーレコード視聴コーナーへここをクリック
デンマークの4人組ガレージバンド。
このクリップはちょっと大人な感じかな。
みなさんこのバンドを知っているだろうか?

かなりマイナーなバンドだとは思うが
とても僕ははまっていた。

というと、解散したっぽいが一応活動休止だ(殆ど一緒かなぁ・・・)
出会った頃は丁度ファーストシングルが出た頃だろうか

"ダウニー"

正直この言葉の響きだけで決めたようなものだ。
もうシングルタイトルからして訳が分からない。
しかし訳が分からない物には惹かれてしまう性分。

maxi.gif

導かれるように視聴機のヘッドフォンに耳を傾ける

聴いたことの無い世界が広がる。
リズム、音色、歌詞。全てが異形。なんか○○先生の本みたいだな(笑)

僕が気に入ったのは3曲目の【猿の手柄】
これまたおかしい。どういう意味?

ただ、この奇妙なポップス(この曲に限り)にやられた僕は即買い。
それ以来休止するまではまり続けてしまった。

まだまだ語りたいことはある。ライブ体験や歌詞の世界の謎。
他にもあるので、今度特集でもやろうと思っている。

誰か好きな人いないかな。(寂)


今回も結構マイナーかな・・・?

●CLINIC 【VISITATIONS】
 20061117201124.jpg
ここをクリックで公式サイトへ
 白衣に白マスクの衣装と、レディオヘッドのツアーに同行
 したことで、一躍有名になった彼らの4枚目のアルバム。
 ガレージ、サイケ、ブルースなどをルーツに
 呪術的なリズムと延々繰り返すフレーズに歪んだファズの音
 そこにエレクトロニカのフィルターを通した独特のサウンド。

 触れ込みはそんな感じですね。
 未だ気にしつつ買ってなかったのですが、今回こそは・・・?

●DANGER DOOM 【タイトル無し】
20061118124920.jpg
ここをクリックで試聴コーナーへ
ゴリラズで有名になったデンジャーマウスが
MCのMFドゥームと組んで1年前に出したものがようやく日本盤化。
ソウルフルでポップな一枚。
BECK 【THE INFORMATION】
BECK.jpg

公式サイト視聴はここをクリック

クリップを見た限りはかっこ良かったです。
前作は買いましたけど、それよりも好きかもしれないですね。


DElAWARE 【ロスト・オブ・ザ・ビューティー・イノセンス】
DELAWARE.jpg

実は、たまたまネットで発見。
トム・ヨーク、クリス・マーティン、ジェフ・バックリーらの
才能に接近する逸材!と評される、”天性の美声を持つ男”
リチャード・ホルムセンが率いるノルウェーのバンド。
美メロの壮大で流麗な世界に酔いしれろ!との触れ込み。
うーん、気になる!

聴いた!買った!って方は是非感想を教えて欲しいです!

一言で言うと不穏。
暗闇で聞くのがお似合いなダークな雰囲気。
この間紹介したdowny好きならもちろん、
マッシブアタック辺りが好きな方には当たりではないだろうか。

まだアルバムは聴いてないが
ここから行ける先で少しの試聴と、無料のダウンロードが出来るので
是非聴いて確かめて欲しい。  無料ダウンロードへ
20061115121004.jpg
1st ALBUM 『ONE DAY』
知らなかったが今年のフジロックにも出ていたらしい。
僕はジャンルの中ではサスペンスが一番好きです。
やっぱり集中してみるし、後はドキドキ感ですかね。

かといって、ホラーとかはあまり見ないですけど。

何が良いかといえば
伏線がいくつも張られたストーリーが何ともいえません。
なんといっても小学生の頃は推理小説小僧ですからね(笑)

話は戻ってやっと見れたこの映画。

あらすじはここでどうぞ♪ ブラックダリアあらすじ

この先はネタばれは無いと思いますが、一応続きでどうぞ♪


[映画  【ブラックダリア】]の続きを読む




●勝手にしやがれ 【BLACK MAGIC VOODOO CAFE】
 20061111160111.jpg
オフィシャルサイト
 まともに聞いたのは今回が初めて。
 実はあんまり期待せずに聞いてしまったんです。
 スカパラみたいなのかなと思って。
 スカパラはそこそこ好きなんですが、
 2番煎じみたいなのかと誤解してました。
 正直スカパラより好きかも。ピアノが効いてますね。
 かっこいいっす。



●JET 【SHINE ON】
 JET.jpg
クリックで視聴
 前回のアルバムより、グッと大人になった感じ。
 ただ音の鳴りはかなりかっこいい!
 ちょっとUK色が濃くなったかな。オーストラリアですが(笑)
 個人的にはお気に入りの一枚になりそうです。

RADIO HEADに関しては前も触れていたのですが、
やはり一発目なのでしょうがなし!(笑)

始めに出会ったのはもう、オーケーコンピューターが出る前。
遅かったですが、この頃はまだ邦楽ばかりの頃でしたね。
そして出会った曲は

【PARANOID ANDROID】です。

okcomputer.gif


まだそんなに幅広く聞いてない当時の僕には衝撃的でした。
とはいえ、衝撃が走ると言うよりはジワジワ浸透する感じ。
時間はかかりましたけど、気づいたらドップリってやつです。

今回一発目なのでまだいきます!

【気になる新譜】

関連物として。

トムヨークの新譜です。
20061110132111.jpg
スピッティングフェザーズ

とは言え、今回のソロに関した今までのシングルB面や
アナログの音源らしいです。
おまけのクリップも入ってます。 【harrow down hill】
その割にはかなり評価が良く、ただのB面集だと思うには
勿体無いほどの出来らしいですね。楽しみです。
2本目のテッコンキン特集。
興味の無い方も是非一本目から一読下さい。

今回特集してみたのは12月公開予定で映画化されるそうなんです。
原作ファンの僕はとても嬉しかった。そこで記念にと。

内容は知ってるし、
アニメなので本を見るのとあんま変わらないかもしれませんが(笑)
実写見るよりか遥かにマシだとは思います。

内容などは一本目に書いたので今回は絵などを紹介します。

てっこんきん おーいしろ ここだよくろ

しろ しろえがお くろしろくろ

しろしろくろ携帯で撮ってみました♪

良かったら原作の方、御一読下さいな。

みなさん、マンガの【鉄コン筋クリート】って知ってますか?

作者は【松本大洋】って方で、
知る人ぞ知るカリスマ漫画家です。
一本目を説明、二本目を絵の紹介にしたいと思います。



僕は大分立ってから知ったのですが、
とにかく芸術家や俳優、ミュージシャンなど
アーティスト側にとても人気があるんです。

独特の世界観、独自の色使い、決して直線的では無いストーリー。
年を追うごとに抽象的な世界観を醸し出しています。
コマ割りも独特でコマ割の線もヨロヨロです。

何年か前に【青い春】という本が映画化されました。青い春



でも一番有名なのは窪塚洋介主演の【ピンポン】じゃないかな。ぴんぽんものくろすまいる

この世界観も好きでしたね。

最新作はナンバーファイブ
なんばーふぁいぶ
これは、かなりの難易度な世界観でした。

この【ピンポン】と【鉄コン筋クリート】は、ある共通点があります。

それは表と裏という関係。

【ピンポン】では月と太陽

【鉄コン筋クリート】では白と黒

一見、水と油のようなのにどちらが欠けてもいけない。
そういう関係性を純粋に描いています。

この純粋さがポイントです。
実はこの人の作品は、この純粋そがテーマなのかなと思います。
単純に純粋な心とかではなく、なんかもっと本能的なものって感じ。

これこそは大人に読んで欲しい作品だなと個人的に思います。

僕はこんな風に考えます、コマ割りは細々はしているけども、
これは大人向けの絵本だな、と。

そんな中、この作品は作者の代表作になっており
僕は保存版として大事に持ってます。

これを読んで幼稚だな、
なんて感じる人もいるでしょうね。人それぞれですから。

ちょとしたワイド版で全3巻。
読んだ方はジンワリ癒される事でしょう・・・

普段聴く音楽は、洋楽全般(アイドル以外)7割、なかでもUK多め
邦楽はモーサムなどのロック、
もしくはアンダーグラウンドなヒップホップというのが多いです。
そこにジャズなどがちらほら。 

*過去記事はこちら 音楽記事

でもたまーにポップなものが耳に入ることがある。
ある日、スカパーのクリップから流れてきた。

bonobos・・・これでボノボと読むらしい。

曲は『THANKYOU FOR THE MUSIC』

べたなタイトルだなぁ。
最初に聞いた感じはまぁ良いんじゃない?ぐらい。

そのまま流したのだが、なんとなく耳に残っている。
それから少したって、またスカパーからあの独特な声。

曲は『BEAUTIFUL』

またまたべただ。

でもこの間の感じが残っていたのか、

すっ

と、耳に入ってくる。

瞬間、『ああ、良い曲だな。』

中途半端にしか聞けなかったが、即買い。
なんか外さないなという感触。

買ったアルバムは【electlyric】造語かな?
その後、【あ、うん】と連続で入手。
えれくとりりっく
【electlyric】

ジャンルはポップスだと思うのだけど、
ダブ、レゲエなどを基調としているようだ。
あまりこのジャンルは詳しくは無いが、
フィッシュマンズとかが好きな人には合いそう。
最近になってポップス色が強くなってきているけど。

そしてこのアルバムに、どっぷりとはまってしまった。

前の記事で紹介したが、未だヘヴィーローテーション中。

キャッチフレーズは”泣きながら踊れる音楽”笑

まさにそんな感じ。
音楽ニュースのバークスで11/26まで新曲のフル視聴ができます。
お薦めはその下にある、ちょっと視聴のコーナーにある
【THANKYU FOR THE MUSIC】と【BEAUTIFUL】かな。

ボノボの曲視聴コーナー


一度お聞きになってみてください♪
音楽の話です。

最近radio headのヴォーカルthom yorke(トム・ヨーク)の発言で
今まで書いた曲の中で一曲を残すとしたら

『ハウ・トゥー・ディスアピアー・コンプリートリーだ。』
と答えたそうです。



おおっ!!!




僕もこの曲大好きなんですよね!
ものすごく美しい曲にも拘らず、
原曲の突然ベースのリズムがずれていくのがたまらない。
初めは大混乱でしたね。

それはさておき、やはりこの曲の空気感ですね。
このたんたんとした進行、
まるで幽玄の空を飛んでいるような感覚。
アルバムの【KID A】全体を通してそうですが
自分の何かに鋭利にささってくるんです。もしくは包み込まれる。

言わば覚醒の音楽です。

聞いた事の無い方は是非一度お試しを。
でも初心者の方には【THE BENDS】【OK COMPUTER】が良いのかなぁ?



kida
2000年9/27発売
1.EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE
2.KID A
3.THE NATIONAL AVTHEM
4.HOW TO DISAPPEAR COMPLETELY
5.TREEFINGERS
6.OPTIMISTIC
7.IN LIMBO
8.IDIOTEQUE
9.MORNING BELL
10.MOTION PICTURE SOUNDTRACK


さぁ、聞いた事の無いそこのあなた!
            未知の世界に行ってらっしゃーい♪


好きな映画を一つ。

【レオン】・・・
今完全版がHDDに入っているのですが、まだ見てないです。
ノーマルバージョンを見たのは多分10年くらい前ですかね。

あまり憶えて無いのでファン失格ですが、大雑把に・・・。
適当な説明ですし多くの人が観たかとは思いますが
ネタばれがあるといけないので。

[映画  【レオン】]の続きを読む
漫画、雑誌、小説...何でも読みます。

今回は小説について。

昔はいろいろ読んだのですが、
特に推理小説。小学生のときなどは、
江戸川乱歩やホームズを読破しました。
そのおかげか5年連続校内ベスト10!1年抜けてて若干ダサい(笑)!

そんな流れからか最近読むのは
ハードボイルド!しかも完全ミーハー?の
大沢在昌、北方謙三!ばかり。
近年になって読み始め、
読んでないのがまだ結構あるってのもありますが
他の趣味とのバランスでは量的にもうギリギリです。

漫画と違って絵では分からないので、
お薦めがあったら教えてほしいです。ジャンルは問わないです♪

お気に入りは新宿鮫(新刊読みてぇー)、佐久間公Sも好き。

お気に入りの言葉は


あいつの野性が目覚めただけさ...


ふっ...

今月手に入れた音楽です♪


【TV ON THE RADIO】・・・Return To Cookie Mountain
ティービーオンザレディオ・・・★★☆
tv on the radio

ニューヨーク出身のポストパンクバンド。
これも前のアルバムのクリップから気になっていて、
今回のアルバムからのクリップを見て、これは外さない!と。

そして聞いてみた所・・・まぁまぁかな。
ちょっと期待しすぎていたor前のアルバムなら好きなのか?
って感じですね。
ただ、今回の他のCDと違うのはまだ発見がありそうな感じです。
これからに期待!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。